ケイパビリティ

Capability

Business Design Center
ビジネスデザインセンター

デジタルテクノロジーを活用したカスタマーエクスペリエンスを
デザインし、新たな価値を創出します。

ビジネスデザインセンターは、三井住友トラスト・グループ各社と連携しながら、お客さまが抱えるさまざまな課題をデジタルテクノロジーの活用によってどう解決していくかについて、全体像をデザインし、ゴールへと導く役割を担います。信託を拡張する各種の新規事業の開発をはじめ、業務の効率化・高度化、さらには金融サービスにおける新たな顧客体験のデザインなど、Trust Baseが取り組む多様なプロジェクトを企画・戦略でリードしていきます。

特徴

ビジネスデザインセンターは、社会課題に向き合い、それらを解決するためにイノベーションを生み出します。

  • ポイント①
    デザイン思考や人間中心設計の思想に基づいた考えと、それを具体化する能力により、お客様のより良い体験をデザインします。
  • ポイント②
    お客さまの課題を発見し、デジタルテクノロジーを用いて、解決するためのビジネス開発を行います。
  • ポイント③
    多様性のある人材が、お互いに意見をぶつけあい、相乗効果を発生させ、イノベーションを生み出すためのカルチャーを醸成します。

金融の未来を見据え、「あるべき姿」をデザインする。

1994年、ビル・ゲイツは「Banking is necessary,but banks are not」と唱えました。
フィンテックの急激な発展により、銀行に求められるものは変わりつつあることを受け止める必要があると我々は考えています。お客さまと金融機関の接点がますます多様化している中、これからの時代に何が求められるのか。既存の概念にとらわれることなく、ゼロから発想し企画することが求められています。ビジネスデザインセンターでは新規事業の開発や顧客体験を起点とした業務プロセスの改革に取り組んでいきます。
新たな付加価値を提供するためには、人間中心設計の思想に基づいた観察により、課題を発見し、解決策を模索することが必要です。顧客体験を起点としてデザインドリブンで、アジャイルにプロトタイプを作成し、より良いものを早いサイクルで作り上げていきます。
そのためにも、多様なバックグラウンドを持つ社内人材が、失敗を恐れず、チャレンジを賞賛する組織文化を醸成します。相互理解を深め、心理的安全性の高い環境を築き、イノベーションが生まれやすい土壌つくりに取り組みます。

「信託」という金融仲介機能の強みを生かしながら、進化の速いデジタルテクノロジーを的確かつ自在に駆使するためには、グループ各社との交流や外部パートナーとの共創が欠かせません。
ビジネスデザインセンターでは、社内外の交流を促し連携させていくハブ機能の強化に取り組んでいます。そこで重要なのは「Trust Baseが何をめざし、どのような会社になろうとしているのかを発信し、共感いただく」ことと考えています。Trust Baseがめざす姿、創造したい価値についてメッセージを発信していきます。

その他のケイパビリティ

  • Data Science Center

    データサイエンスセンター

    豊富なデータを活用し、多様な課題を解決。ビジネスの戦略策定や意思決定を支援します。
  • Digital Technology Center

    デジタルテクノロジーセンター

    先進的なテクノロジーを駆使し、DXを推進するためのシステム開発を推進します。
  • Digital Operation Center

    デジタルオペレーションセンター

    テクノロジーを活用し、オぺレーション改革を推進。信託銀行を支える事務の品質と効率を向上させています。
  • Security Cloud Infrastructure Center

    セキュリティインフラセンター

    先進的なテクノロジーを駆使し、DXを推進するためのクラウドインフラ及びアプリケーションを構築します。